• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リロードの難しさ

43.jpg


今日も歯が痛い為(鎮痛剤を飲んで落ち着いてはいますが)遠くに釣りにも
行けず自宅から15分程の射場へGOです。ここならいつでも帰れます(笑

今回は鉛の弾頭で作った練習用装弾での射撃です。
練習と言う事もありリコイル対策に27、29、32grと各種作りました。
火薬+ガスシール+赤ワッズの組み合わせでクリンプは全てスタークリンプです。的までの距離は100m。

試射しての感想ですがやはり均一に作るのは難しいということです。
標的には着弾しますが集弾率がバラバラ・・・orz
自分の中に火薬を他の物に代えたいという気持ちもあったのでこの火薬ではこれ以上の結果は得られないのか?という疑心暗鬼に狩られています。

他の火薬も早く試したいのですがどうやら税関で止まっているようです。
故にいつ入荷になるのか解らないとの事。
銃関係の輸入物は中々約束ができないので早め早めの注文が必要ですね。




実は5発ほどバーンズのSGSを火薬量29grで試射したのですが撃った後やはり前回と同じくボルトの開放がキツくなるという現象が起きました。
これは一体何が原因なんでしょう?
他のリロード弾との差を比べるとワッズがラッパ状になっていてライフリングに食い込むときの抵抗が赤ワッズよりもキツイせいでしょうか?
リコイルも赤ワッズでリロードした同じ薬量の物よりキツいですし・・・
故にHS-6のような速燃傾向にある火薬を使用すると燃焼時の抜弾抵抗が
ボルト側に掛かりキツくなる・・・(←これって機関部破壊とかに繋がる
と思われ・・汗)

違うかな?!(謎

それから何故HS-6にしたかって?

銃砲店お奨めだったからです(苦笑
解らないってことは苦労が多いですね
注文した火薬が来るまでHS-6では軽量弾か薬量を減らして消費しようと
思います。

※リロードは自己責任で行って下さいね。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。