• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火薬選びの難しさ

先日火薬の選定で色々な意見や教えを頂いたのですが自分の目で
確かめるべく各リロードブック等を拝見する機会を得てきました。

私の疑問点はホジドンHS-6とIMR4756のどちらが遅く燃焼するのか?です。
結果を先に言えばメーカーデータを頭にIMR4756のほうが燃焼速度が速いと
記載されている書籍が多かった事です。
しかしながら逆のパターンもあり条件が異なれば一概にこっちが速いだの
遅いだの言えない事も正直な所です。

そこで自分なりに結論を出す為にはどうしたら良いのか・・・

実の所は燃やしてみるのが確実らしいんですがそれは違法行為に
なるので到底できません。

正直リロードの初心者が初めの段階で火薬の選定で泥沼にハマるとは
夢にも思いませんでした。
元々ハマった原因はバーンズSGSで作ったリロード弾を撃つとボルトが
開かなくなる事に違和感を持ったからです。
ボルトに負担が掛かってるのは薄々感じたのでHS-6では燃焼速度が速すぎ
燃焼圧力が銃口側は元より薬莢を通じてボルト側にも通常以上の負担を
掛けている・・そう考えもうちょっと燃焼速度の遅い火薬を使わなければ
と思った次第です。

それで当初見たデータで燃焼速度がHS-6より遅いと思ったIMR4756を注文。
その後見た各データは・・(苦笑

現在はHS-6よりも確実に燃焼速度の遅いロングショットを注文中です。


ちなみにライフリングが先残しか元残しかでも結果は変わるようです。
M695のような元残しだといきなり圧力が上がる燃焼速度の速い火薬は相性
が悪いのかもしれませんね。

試行錯誤は永遠に続くのか・・・笑

※リロードは自己責任で行って下さいね。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。