• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾速を計ってきました

火薬を変更して試射してきました。
今回は初速を目安にして既製装弾並みの初速と薬量を知りたいのと
ボルトの張り付きがどこまで解消されるかが目的です。
ちなみに既製装弾はレミントンPREMIER COPPER SOLID2-3/4の
初速を目標にしております。

リロードした弾頭と内訳は以下の通りです。

バーンズショットガンスラッグSGS
火薬 ホジドンLONGSHOT 29gr
雷管 フェデラル209A
薬莢 SKB NIKE
クリンプ スタークリンプ
クッションワッズは厚さを半分にカット
初速 同じ薬量で2発試射 1485fpsと1486fps ほぼ変わらず安定

薬量29gr~32.5grまで作ったのですがいきなり既製装弾並みの初速が
でてしまいました。HS-6では1200~1300fps辺りをウロウロして
ボルトも張り付いたのですが今回は張り付きも無く問題も解消です。
多少初速が速いのと雷管の角が立ち気味だったので今後は薬量を28grと
28.5grで作って初速とグルーピングを取ってみます。



ピューター合金弾 343gr
火薬 ホジドンLONGSHOT
雷管 フェデラル209A
薬莢 SKB NIKE
ワッズ クレイバスター
ガスシール
クリンプ スタークリンプ
薬量&弾速 28gr 1063fps
         29gr 1099fps
         30gr 1148fps
         31gr 1175fps
         31.5gr 1164fps
         32gr 1174fps
         33gr 1200fps

やはり弾頭が軽い為でしょうか、薬量を上げてもなかなか初速が上がり
ません。


ちなみに今回鉛の重量弾とノーマル弾も試射しましたが結果は重量弾が
同じ薬量で約100fpsの差が出ました。
薬量30gr ノーマル弾頭525gr 1164fps
     重量弾頭630gr  1250fps

しかしながら合金弾と鉛ノーマル弾を比べると薬量30grで大差無いので
弾頭重量はあまり関係ないのか・・他の火薬のほうが相性がいいのか判
断できかねない次第です。


CIMG0002.jpg

ちなみにこれは鉛弾を撃った薬莢の雷管ですが3箇所ほどガスが抜けた跡
を撮ったものです。雷管室はなるべく硬く入る物を使用していますがこ
れはちょっと予想外でした。アロンアルファで装着するのも良いと聞い
ていますんで今後の製作時に盛り込んでみようと思います。

※閲覧している皆様リロードは自己責任の下行ってくださいね。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。