• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伏射

更新が疎かになっております。
ネタも無いのですが先日サボって来ました。
因みにサボると言うのは業界用語?でサボットを撃ちに行く事です。
誤解のないようお願いします(爆
h60.jpg
久し振りにP姿勢(プローン、伏射)で撃ちました。
私が撃っているのは薬量を調整して撃ちやすくしたリロード弾です。
既製サボットの強い反動やそれに相応、又はそれ以上のライフル銃でのP姿勢は危ないので
お勧めは致しません。
以前ライフルの技能講習を300マグナムで受けていた方がおられましたがめちゃくちゃ辛そうでした。撃つ度に上半身が浮くんですよ(汗 ってか見てて危ないと感じました。
いくら法律とはいえ怪我人が出るかもしれない講習なんて聞いたことありません。。。
でもやらなきゃ更新が出来なくなる・・選択の余地がありませんよね(泣
余裕のある方は講習に対応出来る銃の所持を早めに考えた方が良いでしょう。

と言う訳でPで撃つと肩にモロ衝撃を受けるのでパッド等で緩和する対策が必要です。
肩付けの位置が悪くて鎖骨を折る危険性もありますので反動の強い銃で撃ってみようという方は
自己責任でお願いします。

ところで今更何故サボでPなのか?

はっきり言っていつか来るであろう技能講習対策です。先述の300マグナムの方を見ていた時恐らく
教習射撃以来Pで撃ってないんじゃないかな?って感じだったんです。
ってか技能講習なんて予想していなかったでしょうからしょうがないんですけど実際撃ってみると分かります。Pの難しさが。P姿勢は安定して点数を稼げる射撃姿勢なのですがいきなり誰でも撃てる訳じゃないのです。私は文献やライフル教習射撃を横目で盗み見しながら我流でやっていますので技術的な説得力はありませんけどこればっかりは撃って慣れるしかありません。 後でなんとかなるさ~の考えは通用しません。
時間のある今のうちに体に覚えさせておく事が必要かと思います。

と偉そうな事を言っていますが自分に言い聞かせているだけですので・・(苦笑

次回は比較的安定感のあるライマンの弾頭を使って制限時間内に20発撃ってみます。
銃身も熱くなるのでペース配分も必要でしょう。

それでも60点以上取れれば敬遠しがちなサボ銃での技能講習もチャレンジ出来る可能性が見えるかも?

練習~練習~練習しに行きましょう~


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。